momohara's Photo blog

路地裏写真

おーりとーり

石垣島で見たかわいいお店

10年ぶりの石垣島出張。早朝に市街地を歩いて、かわいいお店を発見。壁のイエローと、道のブルーのコントラストが素敵



夜の村道1号線

渡名喜島村道1号線

実は前の投稿から1ヵ月経っていて、9月の渡名喜島。
フットライトで照らされた白砂の村道はまるで常世から別の世界への入口のよう。



三毛猫かわいい

沖縄猫写真

三毛猫かわいいなー。



京島散歩

京島の路地裏散歩

京島という町をふらふら歩く。やはり、路地裏は楽しい。野良猫防止のペットボトルがたくさん並んでるけど、あんまり猫は見つけられなかったなぁ。



京島から見たスカイツリー

京島から見たスカイツリー

初めての土地だったけど、どこ行ってもスカイツリーが見えたので好き勝手に歩いても道に迷わなかった。



タイムスリップ

アパートの通路
本土の人にとっては普通の空間かもしれないけれど、沖縄人の僕からするとまったく異質な空間ばかりで撮ってて楽しかった。
古いまちなみを見ていても、沖縄とは全く違う。建物の材質や生活の違い、そして歴史の違い。
出張にかこつけて、いろんなところを回れたらよいな。



四間道界隈


 実は20代のころ1年弱愛知に住んでいたことがあって、名古屋にもよく足を運んでいた。
当時はまだカメラを持ってなかったし、町なみを見て歩くこともなかった。



沖縄は現在台風4号が通過中

沖縄は現在台風4号が通過中だけど、写真は名古屋散歩シリーズ(第何弾だっけ?)。
本土ではありふれた風景なんだろうけど。僕にはとても新鮮な雰囲気。
生活の場と神聖な場の距離が近く、それでいて厳かな空気を感じる空間。



レトロ空間

昭和の匂いのするアパートの中庭。おもわず「廃墟」タグをつけたくなるけど、ちゃんと人が住んでるみたい。



ハーケンクロイツのある店


どういう店かさっぱりわからないけれど、外観がキレてたのでぱしゃり。鉤十字とか描かれている。



雨の名古屋


名古屋散歩シリーズ2。梅雨の季節ということもあり、あいにくしとしと雨。「旅行写真」のタグが付いてるけど、実際は出張だったりする。
看板の多い飲み屋街、夜はどんな雰囲気になるのか。



名古屋散歩写真


名古屋市西区にある「中央御菓子卸市場」の、隣にある建物。この周辺には御菓子と、玩具の卸問屋が並んでて昭和のレトロ感がハンパない。
建物の真ん中から今にも崩れ落ちそうだ。



iPhoneのせい

廃壁

ここ半年くらい、いっさいブログを更新しなくなってたわけだけど、これはもう完全にiPhoneを買ったせい。iPhoneのカメラで十分事足りてしまうので一眼レフを持ち歩かなくなってしまったのだ。こないだ、20mmのレンズ見たらカビが生えてて凹んだ・・・。そして、このブログに950pxの大きさでアップしてみたら・・・あんま一眼レフと遜色ない気がするので、これからはもう開き直ってiPhoneで撮った写真もどんどんアップしていこうと思う。ちなみに、instagramで加工してます。



雨の街角

雨の街角

写真は何日か前の雨の日に撮ったもの。
こんな街角の景色がとても好き。



ラビリンス

農連市場

祖母の家が近かったこともあり、那覇の農連市場で子どもの頃よく遊んだ。
休日や、昼過ぎにはほとんど無人になってしまう市場は暗く入り組んでいてなんだか迷宮のように見える。
時々どこからか猫が寄り添ってきて、もらえるエサが無いのを知ると、またどこかに去って行った。



路地を抜けると

路地を抜けると

僕は路地裏に目がないので、細い路地を見るとどんどん奥に入って行ってしまう。
人一人がやっと通れるくらいのびっくりするくらい細い路地。角を曲がるとそこは
行き止まりだったり、空き地だったり、廃屋だったり、誰かの庭だったりする。
こんな空間を見つけるのが、楽しみの一つ。



桜坂界隈さんぽ道

桜坂にある建物

桜坂の路地に入ったところにあるこの一角が好きで、前を通りかかったら必ず写真を撮りたくなる。
たまに奥のアパートの格子の間から子猫が顔を出すけど、この日は残念ながらいなかった。



農連市場には猫が似合う

農連市場のねこ

久しぶりに、市場周辺を歩いてみた。
以前はいたるところに猫がいたのに、なんだかずいぶん減った気がする。