momohara's Photo blog

Latest

ラビリンス

農連市場

祖母の家が近かったこともあり、那覇の農連市場で子どもの頃よく遊んだ。
休日や、昼過ぎにはほとんど無人になってしまう市場は暗く入り組んでいてなんだか迷宮のように見える。
時々どこからか猫が寄り添ってきて、もらえるエサが無いのを知ると、またどこかに去って行った。


屋富祖大通り

朝の散歩

朝の6時半ごろ。今朝はジョギングはやめて、カメラを持って近所を散歩。
久々に望遠レンズTAMRON 28-200を持ち出したけど、やっぱ描写力は低いかも。
ネオンと看板と電線が素敵なやふそ大通り。


朝の時間の使い方

ミートパッキングディストリクト
最近は完全に朝型で、5時半に起きてから家族の朝食とお弁当を作ることから一日が始まる。
8時前には僕以外の家族はみんな家を出るのでその後、出勤まで2時間は自由な時間がある。
この時間に何してるかというと、ジョギングしたり、水槽の手入れをしたり、本を読んだり、ブログを更新したりしている。
と書くと有意義そうだけど、実際にはネトゲしたり二度寝したりしてあっというまに時間を消費してしまうことも多い。
なんとかしないとー、と思いつつ今日も新規写真がないので昔撮った写真をUP。
2005年。ニューヨークの、ミートパッキングディストリクト。
一面グラフィティの餌食になったトラック。


うずらのひよこ&にわとり弁当

うずらのひよこ&にわとり弁当

早めに目が覚めたので、うずらの卵でヒヨコとニワトリ親子を作ってみた。
クチバシとトサカはにんじん。目は黒ゴマ。切り込みを入れて挿してある。
作った時は良いけど、食べるときにふたを開けると目が取れてることが多い・・・(><)


日曜日の過ごし方。

カツカレー

午前中は、10kmのジョギングをしてからユニオンで一週間分の食料を買いだめ。お昼を食べて、整体院へ。
仕事柄か、肩こりがひどいので月一でのマッサージはかかせない。
そのあとは子どもたちを連れて公園へ。末娘は初ブランコでハッスルしてた。
写真は、妻がお昼に作ってくれた美味しいカツカレー。


台風一過:夏への扉

セミ採り

かなり早いけど、子どもたちはもう夏休みの計画を立て始めている。実際、1カ月なんてあっという間かもしれない。
写真は去年、上の娘、息子と3人で公園にセミをとりに行った時のやつ。
息子は、見ていて怖くなるくらい高い木にひょいひょい登っていく。
僕は子どもの頃こんな高い木に登れなかったなぁ。


工場写真:三重県四日市市

工場写真:三重県四日市市

2007年四日市市。有給休暇をとって、本格的に工場写真を撮りに行った幸せな2泊3日。
プラントに火が灯される夜の工場の美しさは忘れられない。


路地を抜けると

路地を抜けると

僕は路地裏に目がないので、細い路地を見るとどんどん奥に入って行ってしまう。
人一人がやっと通れるくらいのびっくりするくらい細い路地。角を曲がるとそこは
行き止まりだったり、空き地だったり、廃屋だったり、誰かの庭だったりする。
こんな空間を見つけるのが、楽しみの一つ。


食堂インドのナンが美味しすぎるよ

食堂インドのチキンカレー

久米島出張の妻を空港まで送った後、お昼を桜坂にある「食堂インド」で食べた。
いつの間にか場所移転してたけど近くだからすぐ探せた。
ここのナンは本当に美味しい。これ以上美味しいナンは食べたことがない。
モチモチッとした食感と深い旨味。ナンだけでもイケるくらい。もちろんカレーも美味しいよ。


絶”景”マシン

ストラトスフィアタワーの絶叫アトラクション

2005年に、社員旅行でラスベガスに行った時に撮ったお気に入りの一枚。
ストラトスフィアタワー(東京タワーより高い)のてっぺんに遊園地があって、写真のようなむき出しのアトラクションが稼働している。
ちょうど4人目の兄ちゃんがこっちを向いてくれたのがナイス。
帰ってきてから、ネットで調べたらこのアトラクション、2週くらい前に故障で人を乗せたまま停止してたらしい。(恐ろしい)


ゴールデン・ハニー・ドワーフ・グラミー

ゴールデン・ハニー・ドワーフ・グラミー

少し前に投入した、ゴールデン・ハニー・ドワーフ・グラミーという長い名前の魚。
水草の緑に合う美しいイエロー。
1週間くらい水草の陰に隠れてたけど、最近やっと表に寄ってきてくれるようになった。
可愛いよね。


父の日のプレゼント

父の日のプレゼント

子どもたちからもらった父の日のプレゼント。
手書きのメッセージと、大量の「かたたたきけん」。
そして「新オヤジンB」と書かれたパンツとNIKEのショートパンツ。(これは妻が選んだと思う)
パンツに描かれた眼鏡のオヤジイラストと、息子が描いたイラストがそっくり。


いとこの披露宴に参加してきた

いとこの披露宴に参加してきた

いとこの披露宴に参加してきた。
最後のほうにある、新婦から両親へ向けられた挨拶文にあるエピソードが泣けた。
娘が大阪の大学に進学することを反対していたお父さん。
「福岡出張」のついでに大阪まで来てくれた話とか。
とくに、男親としては娘の結婚は嬉しくもあり、寂しくもあり、感慨深いものだと思う。


中城高原ホテルのボイラー室の美しさは異常

廃墟:中城高原ホテル

広大な敷地面積を誇るこの廃墟ホテルでは、ロビーや客室、遊戯室や室外プール、動物園(?)まであるのだけれど、
僕が必ず立ち寄るのはこのボイラー室。壁の冷たいブルーと、錆びの萌えるようなオレンジ。窓からのぞく木々の穏やかなグリーン。
絶妙なグラデーションとコントラストがたまらない。廃墟モエー。


せかいでいちばんうつくしいのはだあれ?

しらゆきひめ

末娘お気に入りの絵本で、登場人物(白雪姫、魔法使い、小人など)の目のところに穴があいている。